読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Murmur...

アラサーといいたくないけど徐々に30の扉が見えてきている女子が好きな音楽を中心にまとまった言葉を語りたいときに語る場所。

Naohito Fujiki Live Tour ver11.0〜1989 17 Till I Die Tour〜まとめ①(セトリと演出のこと)

LIVE 藤木直人 音楽

Naohito Fujiki Live Tour ver11.0〜1989 17 Till I Die Tour〜

8/6の横須賀芸術劇場から始まって、8/29のオリックス劇場で終わるんですが、

わたしのツアーはひと足早く、8/16の愛知県芸術劇場で終わってしまいました。

あと1本あるけれど、ちょっぴり日があくので忘れる前に振り返りを

してしまおうかなと思って、書いてみることに。

 

※ネタバレありまくりなのでご注意!閲覧は任意でお願いいたします。

 

 

 

Naohito Fujiki Live Tour ver11.0〜1989 17 Till I Die Tour〜

セットリスト(中盤戦うろ覚えなので間違ってたらすいません…)

〜本編〜

  1. Let it Rock
  2. パーフェクトワールド
  3. コズミックライダー
  4. ESCAPE!
  5. TAXI
  6. Utakata
  7. メドレー:サンクフル☆エブリナイ→So Long...→プラネタリウム→パズル→SPYDER 03〜ロックスパイダーより愛をこめて〜→七色
  8. Real Heaven
  9. 愛してる
  10. タイムトラベル
  11. Go for it!
  12. スターラブレイション(ケラケラcover)
  13. 恋のROCK'N'ROLL!DRIVE!
  14. Tactics
  15. SAMURAI FUNK
  16. 愛のテーマ
  17. HEY!FRIENDS
  18. ミチタリタセカイ

 〜Encore〜

  1. anon(中野1日目は陽のあたる場所)
  2. 大丈夫(Vo:橋口洋平(from wacci)、Chorus:藤木直人
  3. OH!BROTHER!(Chorus:橋口洋平(from wacci))

※色分けしてみました

ピンク:ギター弾いてる曲

青:アコースティックセット

緑:ピアノ

オレンジ:ハンドマイク

赤:ハンドマイク+ダンス

わかりやすんだかわかりにくいんだかわからないけど、

色が混ざってる曲は両方ってことです←

ちなみに11.あたりからちょっと流れがあやふやです。

自分が踊り出すと記憶が飛びますね←

 

ここから演出のこと。 

初日に会場に入ってまずびっくりしたのが、センターのマイクスタンドしか

ステージに置かれていない。

思わず10 COUNT TOURのときの最初の曲の始まり方がよぎった。

いや、それにしてもバンドセットが出てないのおかしい。と違和感を感じつつ。

 

 開演のアナウンス。いつもの開演5分前のアナウンスに加え、今回は

「間もなく開演です」のアナウンスが入っていた。

「珍しいな〜」なんて思っていたのだけど、ここから既に今回のツアーの

世界観は始まっていたのだな、と終わった今改めて感じている。

 

暗転して会場全体に響いた音楽は…どこかで聞いたことのある音楽だった。

そう、彩の国芸術劇場と、ACTシアターで聞いたはずのあの音楽。

「!?」と驚いていると、目の前にはまるで『海辺のカフカ』舞台を

観に来たような光景が、でもそこにあるパーツたちは確実に藤木直人

形作ってきたものたちで。

ワゴンがステージの下手から上手へと動いていく。

その動きに気をとられていると直人さんのナレーションが会場に響く。

うろ覚えだけど、こんなようなことを言っていたとおもう。

1989年。17歳の僕は、ギターと出会った。

中古のクラッシュミラーのギターを手にして、僕は毎晩毎晩

夢中になってギターを弾き続けた。

あれからたくさんの時が流れた。けれども、僕はあの頃の気持ちを

まだ忘れてはいない。…そう、心はいつまでも17のまま。

 

横須賀初日のMCでセットの説明をしたときに、直人さんはこんなことを

言っていた。

 「海辺のカフカの作者、村上春樹さんはこの作品を書いていたとき、カフカくんは15歳っていう設定なんだけど、いつでも15歳になりきって書くことができたと言っていた。僕も芸能生活20周年を迎えてこうやってステージに立ったりしている原点は何かなって考えたときに、やっぱりギターとの出会いがすべてのきっかけだったなと思うし、ギターを持つと初めてギターを買って弾いた17のときの気持ちが蘇ってくる。そんなこともこのセットで表現できるんじゃないかなと思って」

 …『役者をしている藤木直人』がギターを持ってステージに立つ。

その意味をこういう形でライブのステージに投影する。

昔から『役者である自分ができるミュージシャンのステージ』をやろうという

意識は見受けられたけど、その色がより濃いステージだな今回のツアーは。

と自分の参戦ライブがすべて終わった今、改めて感じている。

 

少し余談を交えてしまったけれど、ナレーションに合わせて

大きなワゴンが通り過ぎると、気がついたらセンターに直人さんが立っている。

後ろの幕があくと、それぞれワゴンに入ったバンドのメンバーたちが

そこにいた。

少しずつワゴンと直人さん自身が前に歩み、ナレーションが止まると

響き渡る雷鳴とともに一瞬暗転する会場。

そして直人さんが掻き鳴らすギターの音とともに再びステージに光が宿り、

オープニングナンバー『Let it Rock』がはじまるのでした…。

 

長くなりすぎるから、本編はまた別記事で書きます。

マイペースに振り返っていこう…大阪までまだ日があるし。笑

 

 

1989

1989