読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Murmur...

アラサーといいたくないけど徐々に30の扉が見えてきている女子が好きな音楽を中心にまとまった言葉を語りたいときに語る場所。

2015.10.03 Augusta Camp Extra in境港〜竹原ピストルのはなし

Augusta Camp Extra in境港、メインアクト1組目は竹原ピストル。

マイクの前に立ったときの歓声に彼は少し驚き、
「あの、大丈夫ですか?僕、スキマスイッチじゃないですよ?」と
おどけながらも嬉しそうに顔をほころばせる。
 
『LIVE IN 和歌山』、『俺のアディダス』と鉄板のナンバーの迫力は
さることながら、個人的に一番印象に残った曲は『STAY FREE!!』。
故郷から出たい一心で東京へ飛び出した若い頃の気持ちと、
いまの自分のことを歌う曲。
歌う前に
あらきゆうこさんの故郷でこの曲を、ゆうこさんももしかしたらこんなことを思ってたりするのかもしれないなと思って。今日のこの曲はゆうこさんのために歌いたいなと思います」
的なことをいったピストルさん。
この曲のドラムを叩いているときのゆうこさんの表情がとてもよかった。
 
「とうとうあの街に歌いにいくよ。
"凱旋"なんて華々しいものからは程遠いけどよ、
とうとうあの街に歌いに帰るよ。
よかったら遊びに来てくれよな。」
ピストルさんがこの歌詞を歌うとき、ゆうこさんは少しはにかんだような
表情を浮かべながらも一瞬天を仰いだ。
きっと友達や知り合いたちもたくさん観に来ていたであろう、今日のステージ。
自分から積極的に前へ前へと出る人ではないけれど、故郷への愛は
すごく深く感じられるゆうこさん。
そんな深い愛を感じ取ったピストルさんが、ゆうこさんのその想いを
会場全体に伝えるためにこの曲を選んだのかな、なんて思ったりもした。
MCのときはとても人間味のある不器用さすらむき出しなピストルさん。
そんなピストルさんだからこそ、人のうちを読み取って、
人の気持ちに寄り添ってこの曲を選んだのかもしれない。
このフレーズが入ったブロックを歌い終わったときに
ピストルさんがゆうこさんの方を見てにかっと笑った。
それに応えて微笑むゆうこさんの姿に、さらにくしゃっと目尻が下がる
ピストルさんを見て、その想いはますます強くなったのだった。
オーガスタのこのアットホーム感が、わたしは好きだなと改めて感じた、
竹原ピストルのステージでした。