読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Murmur...

アラサーといいたくないけど徐々に30の扉が見えてきている女子が好きな音楽を中心にまとまった言葉を語りたいときに語る場所。

2015.10.03 Augusta Camp Extra in境港〜スキマスイッチのはなし(前編)

日が少しずつ西側へ傾く時間帯。

境港で行なわれたオーガスタキャンプ最後のアーティスト、

スキマスイッチがステージに登場。

会場の歓声を受け、一瞬卓弥さんがにこっと笑ったあとに、

すっとしんたさんに手を伸ばし、先攻を譲る。

 

しんたさんが最初に放った音は、ボクノート

ちょっと予想外な選曲に会場がどよめく。

原曲寄りな、まっすぐ「君に届けたいんだ」ろうなということが伺えるアレンジ。

今回のバンドメンバーは

Dr.佐藤大輔、Ba.紺野光広、Key.磯貝サイモン、Gt.太田貴之

というおーちゃん以外はスキマスイッチサポートは初めてという

新鮮なメンバー。(敬称略)

そんなメンバーが奏でる音は、やっぱり今まで聞いたことのある

ボクノート』とは違って聞こえた。

ボクノート』に限らず、全編そういった新しい発見があって

とてもおもしろい。

ボクノート』は、サイモンさんがこういう音のシンセを

入れてくるか!と驚いた。

迷っていた「僕」に一筋の光を、道を示してくれているような

そんな音に感じられた。

「探してたものは 目の前にあった」

このフレーズを歌った後の卓弥さんの笑顔がこんなに優しくなったのは

いつからかな。

歌詞が出てこなくて苦しんでいた当時の卓弥さんが見たら、

こんなに大人な歌い方ができるようになっている自分に驚くんじゃないかな。

そんなことを勝手ながら思ったりした。

心のなかにあった雲を優しく連れ去ってくれるようなそよ風が

会場にいる人たちの間を駆け抜けていった。

 

一瞬の静寂から間髪入れず、ドラムのカウント。

このカウント聴いた瞬間に叫んだ。

「きたああああああああああ!!!!」

そんなテンション高くなる曲、『ユリーカ』

とても私事なはなしですが、行きの旅路の中で

「今日何やるかなぁ。ひさしぶりにユリーカこないかなぁ。きたら絶叫するわ」

なんて話していたわたしたち。

…きたよ、きてしまったよ。笑

ツアーで散々聴いていた楽曲なので、金管の音が聞こえない寂しさとかは

もちろんあったけど、それをも凌ぐ、しんたさんの鍵盤の暴れっぷり。

V-Pianoのスタンドがぐらぐら揺れてて、倒れるんじゃないかと

勝手にヒヤヒヤしながら見ていた←

個人的にはおーちゃんの2Aメロのギターの音が他の人のときにはない音で好き。

 

ユリーカで縦横無尽にステージを歩き回った卓弥さんが

肩からエレキギターを提げる。

卓弥さんの準備が整ったところでおーちゃんのエレキから入るは『Ah Yeah!!』

ツアーで散々種子田さんのぶいぶいなAメロのベースラインを

聴いてしまっていたせいか、少しの物足りなさを感じつつも、

疾走感あるリズムに乗っているときに流れてくる海風が気持ちよかった。

2サビ終わりの変拍子になるところ、しーたかさんver.、アニキver.、

そして今回の佐藤さんver.と聴いてきたけれど、人それぞれどこに重きを

置いてリズムを保とうとしているのかが違っておもしろいなとおもった。

佐藤さんはシンバル叩くタイミングが軸になってるのかなぁ。

シンバルを叩く動作が印象的だったような気がした。

卓弥さんの「この掌を ぐっと胸に押し当てる」「僕がいるって証拠」の

手振りがとても力強かった。かっこよかった。

…なのにアウトロはしんたさんの背後にいって、お口むにっとしながら

エレキを弾く。かっこいいのかかわいいのか、どっちかにしなさいよ←

 

加速度増すような2曲をぶちこんできたのに、ここでいきなり

ゆるっとMC。笑

(。•ˇ‸ˇ•。)僕たちがスキマスイッチですっ!

(。¯灬¯。)!…ふはは!そうだね。笑

…なんていう不思議なテンションから始まり…

(。•ˇ‸ˇ•。)いいとこですね、境港

(。¯灬¯。)ロケーションがいいね

なんて話から

(。•ˇ‸ˇ•。)あらきゆうこさんが境港出身なので呼んでいただけて

   うれしいですね。

(。¯灬¯。)FISH大使ね…

(。•ˇ‸ˇ•。)なんでFISH大使っていうんだろ?

(。¯灬¯。)なんでFISHなんだろ?魚?他にもあるのかな、

   ベジタブル大使とか、フルーツ大使とか…

なんていつも通りの謎トーク。笑

(。¯灬¯。)卓弥はクラブ(crab=カニ)大使だね

(。•ˇ‸ˇ•。)あぁ…

(。•ˇ‸ˇ•。)vカニ?

…ってしんたさんに向けてチョキして「カニ?」ってしててかわいかった。

散々しゃべった挙句、いきなり

(。•ˇ‸ˇ•。)私が大橋です

って言い出して、それにしんたさん大爆笑。

(。¯灬¯。)なんだそれ

(。•ˇ‸ˇ•。)これには理由がある…いやっ、あとで話そう

(。¯灬¯。)ふははっ

ってふたりだけで会話完結してて、チョットココステージダヨー状態

楽しそうで何よりです←

(。•ˇ‸ˇ•。)ここであんましゃべっちゃうとまったりしちゃうなっ!

なんて今さらなことを言いつつ、曲紹介へ…

 

(。•ˇ‸ˇ•。)星の曲なんだけど、こういう青い空の下で聴くのも

   なかなか新鮮でいいんじゃないかな、と思って…

なんてことを言ってしんたさんが鍵盤で鳴らしたイントロは、

『星のうつわ』

 

紺野さんのベースの音が新鮮だった。

卓弥さんが1サビの「宇宙に見える」で空を仰いでにこっとした。

ちょっと新鮮な表情だった。

サイモンさんがBメロで入れてきた音が今まで聴いたことないような音で

しんたさんも驚いたのか演奏しながらくるっとサイモンさんの方を見ていたのが

印象的。「胸に抱えてるうつわの」のあとあたりに入れてたかな。

ぽろんぽろん、って感じの音。

卓弥さんのビブラートが絶好調で、野外だからどこまでもどこまでも

伸びていって、そのまま空気と一体となって溶け込んでいくような

不思議な感覚になった。

 

「生きるっていうことそれはきっと 少しずつ手放していくこと」

このフレーズを歌った卓弥さんがふわっと後ろに1歩2歩さがった。

身体からふわっと力が抜けたような、そんな無力感ありげに。

そんな姿が儚げで心をしめつけられた。

余韻に浸っていたらあっという間にラスサビ前の一瞬の静寂

…に間髪入れずしんたさんの力強い「どしゃーん」の音が鳴り響く。

……ここでどしゃーんってするの久しぶりだよ…心臓に悪い…でも好き←

 

「目の前の景色すべてが いま、宇宙になった」

星の演出を見慣れてしまっていたのかもしれない。

つい空を見上げてしまった。まだ昼間だから星なんて見えなくて、

真っ青な空が広がっていた。

卓弥さんのフェイクが風にふわりと舞って響いていくのを全身で感じ、

気持ちいいなあ…と空をみていたら、アウトロでステージの向こう側の空に

鳥が1匹つーっと降りていくのが見えた。

卓弥さんの歌声の軌道を描くようにゆるやかに。すてきな景色だった。

野外は自然が見せてくれる素敵な演出があるんだな…とほろっとしていたら

卓弥さんがマイクをスタンドに戻した。

…そのときの「うんしょっ」って感じの顔と動作に思わずくすっとしてしまった。

歌い手大橋卓弥はものすごくかっこいいのに…そんなところも含めて

「らしいなあ」と思った瞬間だった。

 

…まだ前半戦しか書いてないのに長さがすごいことになっているので、

この記事だけ前編と後編とわけようと思います。

(という名の遅筆の言い訳←)