読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Murmur...

アラサーといいたくないけど徐々に30の扉が見えてきている女子が好きな音楽を中心にまとまった言葉を語りたいときに語る場所。

【NakamuraEmi】メジャーデビュー日。

新年明けたばっかりな気分でいたら、もう1月の3分の2が終わっていた。

恐怖。

 

だんだんと仕事がいい時間まで終わらない日が増えてきていますが、

今日もそんな日でしたが

へとへとだったけど、渋谷タワレコまで。

f:id:mary_sue:20160120004720j:image

NakamuraEmi「NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST」

1/20リリースなので、1/19が店着日。

というわけでフラゲしてきました。

 

店内に入って、まず目に入った1Fの展開。

f:id:mary_sue:20160119225043j:plain

ちょっと。ぞくっとしたよね。

 

予約していたCDの受け取りは3Fだったので、

エスカレーターを駆け上がったら、ここにもまた大きく展開されていて。

f:id:mary_sue:20160119225059j:image
すごいなあ。すごいよ。
 
感動しっぱなしで1Fに降りてきたら…聴いたことのある曲。
スケボーマンが。
 
…なんと。タワレコ1Fのフロア中に響いておりました。
「NOW PLAYING」って書いてあるモニターにこんな風に
おっきくジャケットが映し出されていたのをみて、なんとも言えぬ
感動。
f:id:mary_sue:20160119225109j:image
 
夜遅かったからもうmodiは閉まってて、
TSUTAYAだけ寄ってみたら、2Fにちゃんと展開されてた。
f:id:mary_sue:20160119225121j:image
ちなみにTSUTAYAのBGMは秦基博でした。笑
 
 
昔から見てきた、というファンの人ではないし
オーガスタという事務所に来てくれたから出会えたのだけど、
1年半の山中湖のオーガスタキャンプのステージをみて
かっこよさに身震いして、そこからライブに行くようになって。
恵比寿のおしゃれなカフェでライブする姿や、代官山や渋谷の
ライブハウスでライブする姿、広島の野外ステージにオープニングアクト
立つ姿、いろいろな場所、いろんなステージに立つEmiさんを
見ることができた。
ずっと行ってみたかったMOTION BLUEにも行く機会をくれて、
そこで行なわれたワンマンライブでメジャーデビューの発表があって、
泣いて笑って喜んで。
あのときは遠く感じた2016年が、もう来てしまったなんて。
時の流れは早いなあと思うと同時に、待ちわびていたその日が
きたことに喜びを感じている深夜。
 
NakamuraEmiさん、改めてメジャーデビューおめでとうございます♡
 
 
言葉数が多すぎる音楽は、音とことばを一度に追いたいわたしにとっては
情報量が多すぎる音楽とおもって、とっつきづらい印象を抱いていた。
でも、伝えたいメッセージが溢れているからたくさんのことばを
詰め込んでいるんだよ、ということを教えてくれたのがEmiさんの音楽。
社会に出て最初に就いた仕事をやめて、これでいいのかなって
思っていたときに、自分を持ちなさい、自分らしい人生を
自分で切り開いて、自分の足で、自信(自身)をもって歩いていきなさい
って肩を叩いてくれたのが、Emiさんの詩だった。
 


NakamuraEmi - 「YAMABIKO」 MusicVideo

 

「NIPPONNO ONNA」からはほど遠いわたしだけど、

こんな力強く芯のある女性になれたらいいな、なりたいなと

うっすら感じたりもした。

 

入口はここからで、ライブや音源でいろいろな曲に出会っていくうちに

歌詞のなかで描かれている情景描写に懐かしい匂いを感じるようになった。

プロフィールをみてはっとした。出身が厚木だって。

「やっぱりなあ。なるほどなあ」そう思った。

厚木のちょっと下の地域で育ったわたし。

きっと、吸っていた空気、見てきた景色が似ているんだな、って感じた。

似たような環境、空気、時間を過ごしてきた人は、表現するものの

節々に自分も見て触れてきたものが浮かび上がってみえてくる。

サザンオールスターズ、ゆず、いきものがかり、コアラモード.あたりが

わたしにとってはそう。

そこにNakamuraEmiも入ってきた。

実家を離れてしまったわたしにとっては、曲を聴くだけで

あの世界に戻れるような気持ちになれるのも、うれしいんだ。

 

 

週末のインストアライブも楽しみ。

まだまだ先だけど、ワンマンライブ決定おめでとうございます*

こちらも楽しみにしています…♡