読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Murmur...

アラサーといいたくないけど徐々に30の扉が見えてきている女子が好きな音楽を中心にまとまった言葉を語りたいときに語る場所。

2016.03.13 ZEPPIN SPECIAL@Zepp Tokyo スキマスイッチ出演部分まとめ①

LIVE Office Augusta スキマスイッチ 音楽

 ZEPPIN SPECIAL〜the goodtime sound of music〜

スキマスイッチセットリスト

1.フィクション

2.LINE

3.ハナツ

4.着ぐるみマスター(SOFFet cover)

5.ガラナ

6.全力少年

7.奏(かなで)

 

アンコール

1.音遊技〜参段〜

2.ふれて未来を

3.Music Is My Love 

サポートメンバーは、Ba.紺野光弘、Dr.佐藤大輔、Gu.太田貴之。

学祭&秋フェスのメンツにサイモンさんがいない形。

しんたさんが「シンプルな編成ですね」ってメンバー紹介のときに言ってた。

 

ふたりの衣装

卓弥さん:白地に胸元にグレーっぽい色でロゴが書かれたTシャツ、マスタードイエローのジャケット、黒のスキニー。

しんたさん:黄色地のチェックのジャケット、ノルディック風な色調なんだけど幾何学な模様のベスト、デニム?ダンガリー?のシャツ、黒?茶色?のパンツ

 

ステージにあがって、みんなで目配せしたところで、妖しげな前奏からの一瞬のブレイク。

…に間髪入れず卓弥さんのアコギのリフが入り、始まったのは「フィクション」

学祭のときのアレンジと多分ほぼ同じで、2番のサビに入る前に鍵盤ソロが入る感じ。

学祭のときはサイモンさんがフィーバーしてたけど、その部分をしんたさんが担っていた。かっこよかった…。

 

既に1曲目で会場のテンションをあげたスキマスイッチ

次に佐藤さんとしんたさんが目配せをして始まったのは、「LINE」

何度かこの曲を生で聴いたけど、またしんたさんの鍵盤がパワーアップしてた。

サビに入る本当に直前、力強いドラムの音が響くときに力を込めるように拳を握るしんたさんが印象的。

ラスサビに入る前はいつもどしゃーんってしてたのに、この日は上からぴゅーんときれいなグリッサンドを挟んできていて、はっ!( °ω°)と驚いたな。

卓弥さんのボーカルの伸びも絶好調で、心震わされてじーんとした。

…んだけど、ラスサビでそれこそ一心不乱にギターをかき鳴らしているときに

さるまたが伸びていて、気になった…笑←

 

ここで少しMC。

「SOFFet20周年おめでとう!」って話をして、「こんなタイミングで呼んでもらえてうれしいです。スキマスイッチスキマスイッチらしく盛り上げて、SOFFetの20周年をお祝いできたらなと思います」なんてことを言っていた。

 

そして「1曲バラードをお届けしたいなと思います」の紹介から始まったのは「ハナツ」

この曲をバラードと形容することに少しの新鮮さを感じたわたし。

シンセや金管がいないからこそ、卓弥さんのことばが前に前に飛んできた。

彼が放つ言葉の威力を改めて思い知った。

 

ここで再びMC。

※MC部分は記憶を頼りにふたりの会話っぽく思い起こしているので、

ニュアンスや話の順番など若干違ってしまっているかもしれません。

思い出したことがあれば追記か、後ほどの記事で補足します。

(。•ˇ‸ˇ•。)さっきのオープニングのムービーで僕たちメインディッシュって書いてあったよねぇ!?

( ˙灬˙ )書いてあったね

(。•ˇ‸ˇ•。)僕たちメインディッシュなの?SOFFetがメインじゃないの?僕たちはアラカルト的な…

( ˙灬˙ )アペタイザーみたいな。あれじゃない?SOFFetは逆にデザートなんじゃないかな…

(ここで卓弥さんしんたさんの方みてにやっとしながら)

(。•ˇ‸ˇ•。)…ドルチェみたいな

( ˙灬˙ )知ってる単語言ってみたみたいな

(。•ˇ‸ˇ•。)ふはは

なんて話をしてみたり

(。•ˇ‸ˇ•。)僕らとSOFFetはデビューが同じぐらいで…

   同じ二人組ってこともあって…でもあの頃は全然太刀打ち

   できなくて。僕たちデビューしたとき、レコードショップ…

   CDショップに行ったらでっかく展開されてるかと思ったのに、

   置いてすらいないCDショップとかもあって。

   置いてあっても必ず横にSOFFetがおっきく展開されてて。

( ˙灬˙ )そう、「うわ!二人組だしもってかれた…!」と思った。

    華々しくデビュー!ってなるかと思ったのに、

    全然そんなこともなく、細々と…

(。•ˇ‸ˇ•。)そう、ほんとに勝てなかった。

   あれ?SOFFetはいつデビューなんだっけ?

   2003年の…南の島へ行きましょうが出たのはいつ?

会場(ざわざわ)

SOFFetのデビュー曲は「南の島へ行きましょう」ではない

(。•ˇ‸ˇ•。)いつ?誰か教えてよ

(卓弥さん、袖の方をみる)

(。•ˇ‸ˇ•。)え?南の島へ行きましょうはデビュー曲じゃない?

   えっ??3枚目?うそぉ!?

   …って袖にいるYoYoとしゃべっちゃってるね。

   えっ、じゃあデビューはいつ?え、3月?

   え、3月にデビューして3枚目ってほぼ毎月リリース

   してたってこと!?…めっちゃ先輩じゃん!!!

( ˙灬˙ )笑

(。•ˇ‸ˇ•。)僕、南の島へ行きましょうがデビュー曲だと思ってたから

   同じぐらいのデビューだと思ってた……

   え、結成はいつだっけ?

( ˙灬˙ )95年って書いてありましたね

(。•ˇ‸ˇ•。)うちは?結成いつ?

( ˙灬˙ )99年の12月だね

(。•ˇ‸ˇ•。)結成もSOFFetのほうが早いのか…いや、なんかどっかで

   勝ちたいのよ!!

※><な顔。かわいい

( ˙灬˙ )出た。笑

(。•ˇ‸ˇ•。)でも95年結成でデビューが僕らと同じ年ってことは…

    結成からデビューまではうちのほうが早いってことだ!

( ˙灬˙ )そうだね

(。•ˇ‸ˇ•。)よし!勝った!笑

( ˙灬˙ )笑

なんて話をしてみたり。笑

 

あと、今回入場時に「ダーリンは70歳」の作者西原理恵子さんが描いた高須クリニック院長のお面が配られたのですが、それがふたりは気になったようで…

(。•ˇ‸ˇ•。)みんな頭につけてるそれはなんなの?

客席「高須院長〜!」

(。•ˇ‸ˇ•。)なんでみんなもってるの?

( ˙灬˙ )なんかどっかでもらったんじゃないですかね

(。•ˇ‸ˇ•。)もらったの?つけてない人もいるよ?

( ˙灬˙ )きっとつけるべきタイミングが今じゃないってこと

    じゃないかな…今じゃない!!!って。笑

(しんたさん、「今じゃない!」の言い方が明らか「今でしょ!」を

意識した言い方でわろた)

(。•ˇ‸ˇ•。)え〜つけてよぉ。僕も高須院長に見守られたいもん

(言い方かわいすぎ。そしてお客さんもそもそとお面をつけはじめるw)

(。•ˇ‸ˇ•。)…うわっ!ほんとにみんなもってる!そんなに見ないで!!!

( ˙灬˙ )見ないで!って見られる仕事だからね?うちら

…的な話をしてた。ボケ入れつつも、最後は冷静にツッコむしんたさん、

腕あげましたな。笑

 

そこからのバンド紹介をさせてくださいという流れに。

(。•ˇ‸ˇ•。)僕たち…ここ前2人がスキマスイッチなんですけど!

って言ったら会場がくすくすと。

スキマスイッチは短い持ち時間のライブの時もいつもバンドのメンバーをきちんと紹介してくれる。

ミュージシャン的にもうれしいだろうし、わたしたちファンからしても、

名前を認識しながら音を聴くとその人らしさやその人の音への愛着も湧くなと思う。

フルネームで紹介をしていたんだけど、太田さんのときだけ

しんたさんが付け加えるように

( ˙灬˙ )おおちゃんっ!

と。この言い方がたまらなくかわいかった。笑

 

話がひと段落したところで、卓弥さんがなんだかにやにやそわそわ。

そのにやにやを隠そうとして

(。•ˇ‸ˇ•。)今日は珍しく黄色の衣裳…あれっ

卓弥さん、何か異変に気付く。笑

(。•ˇ‸ˇ•。)えっ、あなたそんな衣裳着てましたっけ?

( ˙灬˙ )うん、着てたよ(にやあ)

(。•ˇ‸ˇ•。)えっ、そういうことぉ!?

…出てきた瞬間からお客さんは気付いてたとおもうよ卓弥さん。笑

すると

 (。•ˇ‸ˇ•。)何?今日はホワイトデーの前の日のイエローデー

となんかうまいこと言った感。笑

 ( ˙灬˙ )イエローデーってなに?

 (。•ˇ‸ˇ•。)知らなぁいっ

…後始末はしないのね←

 

マイクをスタンドから外しながら

(。•ˇ‸ˇ•。)次は…せっかくだからSOFFetの曲をやってみようとおもって…笑

と卓弥さん。これには会場中が歓喜。

(。•ˇ‸ˇ•。)いろんな曲あって悩んだんだけど…きっと珍しい曲…だとおもいます。笑

卓弥さん、ちょっとおっきく息を吸ったところで

(。•ˇ‸ˇ•。)…ちょっと待ってね!準備するから!

といって、譜面台の位置をいそいそと整える。

しんたさんも鍵盤開けて譜面台を出して準備。

すると

(。•ˇ‸ˇ•。)えっ、みんなもう準備できてるのぉ?

客席「いいよー!!」

(。•ˇ‸ˇ•。)いいよー!ってそりゃそうだよなぁ!君たちは見てるだけだもんなあ!

( ˙灬˙ )ははは

(。•ˇ‸ˇ•。)ちょっと待ってね!!!これ、気合い入れないと歌えないから!

と歌詞カードの位置整えながら呼吸を整える卓弥さん。

若干寄り目になってた。笑

 

(このレポ、一気に書き進めようと思って通勤の電車の中で

書いていたのですがこのあとのメモ書きがなぜか一気に消え去って

しまった…ので、後日後半をまとめます。)