読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Murmur...

アラサーといいたくないけど徐々に30の扉が見えてきている女子が好きな音楽を中心にまとまった言葉を語りたいときに語る場所。

2016.08.20 J-WAVE SUMMER JAM 2016 スガシカオセットリスト

2016.08.20 J-WAVE SUMMER JAM 2016 スガシカオセットリスト

1.赤い実

2.真夜中の虹

3.夜空ノムコウ

4.コノユビトマレ

5.Progress

 

予想していたよりも遥かに早い出番(2番手)で出てきたシカオ兄さん。

個人的には2年前のJ-WAVE LIVE 2000+14以来。

スガさんの前に出ていたのがUNISON SQUARE GARDENだったせいも

あってか(彼らもそれなりにキャリアあるのはわかってるけど)、

ものすごい貫禄を感じた。

 

今回のJ-WAVE SUMMER JAM、代々木第一体育館のアリーナ部分に

円形のセンターステージが作られていて、ステージを3面に分けて

使用していた。

ちょうど、スガシカオのステージのときは私たちがいた座席の

真向かいのスタンドを正面としていて、私はほとんど背中を

見つめるだけだったのだけど。

背中から溢れる貫禄、というかオーラというか。

さすがJ-WAVE LIVE皆勤賞なだけある。

観客のなかにスガさん目当てなお客さんもたくさんいたんだろうな。

お客さんのなかにも皆勤賞っていう人、いたんじゃないだろうか。

そんなことを思いながら見てた。

 

『真夜中の虹』は初聴きだった。

久しぶりに聴いた『コノユビトマレ』は、イントロのベースで

やっぱりアガるし、『Progress』も聴けてうれしかったけど、

今回一番いろんな感情が渦巻いたのはやっぱりこの曲じゃないかと。

夜空ノムコウ』。

 

SMAPの例の騒動があってからだったから、スガさんがライブで

発言をした直後からさまざまなところですぐにニュースとして

取り上げられていた。

スガさんがこの場でしゃべったことをちゃんと表現してくれている

ところもあれば、そんなこと言ったっけ?っていう表現に変換して

伝えていたメディアも、三者三様だった。

 

スガさんは、『夜空ノムコウ』を歌う前にこんなことを言っていた。

「この曲はまだデビューして間もない頃、無名な僕に声をかけてくれて、

とても素敵なきっかけをくれた曲です」

 

「僕はこの曲を歌うとき、いつも『SMAPさんの曲を歌います』

って言います」

 

「無名な僕にたくさんのきっかけをくれたこの曲に感謝を込めつつ、

歌いたいなと思います。11月に豊洲PITでワンマンライブを

するんだけど、多分そのときにもこの曲は歌うと思う。

でも…それが終わったらしばらく封印しようかなと思っています」

と。

「封印しようかなと思ってる」と言った直後、会場から「え〜」と

いう声が漏れた。今出た言葉に対する、純粋な感想だろう。

その気持ちはわかる。

だって、SMAPが全員揃ってこの曲を歌ってくれることが

なくなってしまうのだとしたら、この名曲を今後歌えるのは

スガシカオだけになってしまうから。

スガシカオがこの曲を歌わなくなったら、もうこの曲は

どこでも聴けなくなってしまうんじゃないかって思うから。

 

でも、スガさんの

「この曲を歌うとき、いつも『SMAPさんの曲を歌います』っていう」

っていう言葉の通り、スガシカオ的には『夜空ノムコウ』は

SMAPに嫁に出した『SMAPの曲』、SMAPが歌ってこその

夜空ノムコウ』って思っているのかなって私は感じた。

だから、SMAPがこの曲を歌わないのなら、5人揃うことが

なくなってしまってこの曲を歌うこともなくなってしまうのであれば、

自分も封印しようって思ってるのかな、なんて。

あの日、あの場で言葉を選びながら話していた行間から察しただけだから、

本当のところはわからないけど。

 

2015年のオーガスタキャンプ。『セロリ』を提供した山崎まさよしも、

同じようなことを言っていたような記憶がある。

SMAPの曲歌いまーす」「野菜の歌歌いまーす」

そんな感じ。

山さんの場合はちょっと照れ隠しというか、わざと軽く言っている風を

装っているような気がするんだけど、この曲への敬意というか

恩義というか、大事に歌ってるんだろうなってことは伝わる。

 

90年代中盤以降に活躍するミュージシャンたちにとって、

SMAPに楽曲を提供することって、ある種のステータスというか、

ものすごい大きなチャンスなんだろうなということが

このあたりの発言から想像される。

ここ最近で楽曲提供をしている面々、ぱっと思いつくだけでも、

赤い公園津野米咲ちゃんとか、ゲスの極み乙女川谷絵音氏とか、

さかいゆう氏とか…C/WだけどTRICERATOPの和田唱さんとかもいますね。

既に名が出てからSMAPに楽曲提供をする人もいるけど、

SMAPに楽曲提供をしたことで「この人誰?」って話題になる人も

いると思う。(津野ちゃんとかそんな記憶がある)

 

そんな大きな存在がいなくなってしまうのは、やっぱり単純に

彼らのことを愛していたファン以外にとっても、大きな衝撃だろうなと。

…というか国民的アイドルだったもの、この日本に生まれて生きていて

それなりにテレビを見たりして過ごしていたら、誰もが知っているし

目にしているし、嫌いという人をあまり見ない類希な存在だと思う。

 

少し脱線してしまったけど、「しばらく封印しようかな」っていう

スガさんの話し方、表情を見ていたら、

「あ〜…本当に解散しちゃうんだな、SMAP」ってなんだか一気に

実感が沸いて、イントロから涙がこぼれてきてしまった。

今日、このタイミングでこの場に来れて、この曲が聴けてよかったな、

とも思った瞬間。

様々なメディアがこぞって「SMAP」ってワードに反応して

良いように歪曲したりもして取り上げていたけれど、あの場にいて

あの場で聞いて感じた感情を大事に心のなかにしまっておこう、

しっかりと覚えておこうと思った。

そう思ったことを忘れないようにしようと思って、拙いながらも

残しておく。